従来の会計ソフトよりも便利なクラウド会計

クラウド会計とはどんなサービスなのか

クラウド会計は従来の会計ソフトのようにソフトウェア自体を購入してきて、使用するデバイスにインストールして使うのではありません。クラウド会計はサービスを提供している会社と契約して利用料を払ってインターネット上で会計サービスを使います。ソフトウェアをデバイスにインストールする必要がないので、どのデバイスからでもクラウド会計のサービスを利用できます。データはクラウドサーバー上に保存される仕組みになっているので、従来の会計ソフトを使う時のように使用しているデバイスに情報が蓄積されていくシステムではありません。その為全てのデバイスで会計サービスを使えるだけでなく、それまでの情報も共有できる仕組みになっています。

従来の会計ソフトと比べて優れている点

クラウド会計は従来の会計ソフトと違ってインターネット上で会計サービスを使ってそこに情報を蓄積していくので、どのデバイスからでも使用できます。さらにデバイス自体に情報を蓄積していくわけではないので、利用しているデバイスからの情報漏洩やデータの消失が起きません。クラウド会計は実務の経験がない人でも使いやすく設計されているので、特別にスキルや経験がある人でなくても使えます。ネットバンキングに対応している銀行口座ならばクラウド会計と連動させる事できて、仕訳が簡単に済みます。会計業務に関わる法令はその時々で変化していきます。クラウド会計を利用すれば法改正にもその都度対応してくれるので、安心して利用できます。

ネットワーク上にあるサーバーの中にあるソフトウェアやデータを、利用者が必要に応じていつ・どこででも使用し会計処理を行うことができるのがクラウド会計です。