実際は10年持たないかもしれない?LEDの寿命はどの程度?

蛍光灯と比較してみるとどの程度違う?

LEDが10000時間から12000時間(1日12時間使用したとしておよそ3000日から4000日は維持できる計算)となっているのに対して、蛍光灯が1000時間から5000時間(1日12時間使用したとしておよそ500日から1000日は維持できる計算)と言われています。このためLEDと蛍光灯の単純な寿命を比較してみるとおよそ6倍の違いがあり、LEDの方が長時間維持することが可能です。このように寿命が異なっているのは光を発する仕組みが異なっているためで、光を発する部品が消耗してしまう蛍光灯に対して光を発する部品を消耗しないところがLEDの大きな特徴かつ魅力となっています。そのため蛍光灯よりも長く使い続けることができるLEDが注目を集めるようになり、人気となりました。

実際には10年以上維持できない?

このような点からLED電球は最低でも10年以上は維持できると考えられているのですが、実際に使用されているLED電球の多くは10年を経過する前に壊れてしまうケースが多いです。これはLED電球の寿命が10年以上持たないからというわけではなく、電球としてのほかの部品が消耗・破損してしまうことが原因だと考えられています。そもそもLED電球が長い寿命を維持できるのは光を発する部品である発光ダイオードが消耗せず、熱を持ちにくい性質を持っていることが理由のひとつです。ただ消耗しない・熱を持ちにくいのはあくまでも発光ダイオードの部分なので、それ以外の部品は高温になりやすい状態となっています。

このためLED電球は計算上は10年以上の寿命となっていますが、実際にはほかの部品の消耗や破損によって10年以下の寿命になりやすいとされています。

ledパネルとは、ledチップを使って内側から光る看板のことです。遠くからでも目立つため、店頭での顧客の呼び込みや展示会での宣伝などで高い効果を発揮します。