マーケティングオートメーションによるリードナーチャリング

見込み客を育てることを可能にする自動営業

マーケティングオートメーションを用いることにより、見込み客に購買意欲を育むことが可能になります。自社のサイトへ集めたユーザーに、商材の魅力を伝えることにより、成約の可能性を高めていくことをリードナーチャリングと呼びます。ステップメールに代表される教育手法を活用するには、適切なコンテンツを制作することも必要です。

売上目標を実現するためには、成約率を高めることが大切です。多くの広告費をかけて集客を行ったとしても、成約に至らなくては意味がありません。イベントやメディアへの広告により集まったユーザーに、商材の魅力をうまく伝えることで、成約する可能性を高められます。自動営業の仕組みだけではなく、効果的なコンテンツ作成にも注力する必要があるのです。

顧客システムとの連携も必要

マーケティングオートメーションを成功に導くリードナーチャリングでは、顧客管理システムとの連携も大切になります。自社の見込み客のステータスを的確に把握し、状況に応じた販促を行わなくては、成約に至る可能性が低くなるからです。マーケティングオートメーションの導入方法には、自社にシステムを構築するオンプレミス型と、Webサービスを用いるクラウド型があります。社内にマーケティングオートメーションを導入する際には、予算や環境に応じたスタイルを選ぶことが大切です。効率的に成約に結びつく手法で、コンテンツ制作とリードナーチャリングの流れを社内に構築することを心がけましょう。

マーケティングオートメーションとは、顧客を開拓するためのマーケティング活動を可視化、自動化するツールのことです。