要チェック!新入社員研修で取り入れたい3項目

一般的なビジネスマナー

ビジネスマナーは、話し方やメールなど注意すべき点は数多くあります。通常は一般的なビジネスマナーを習得した上で就職活動を行い、採用を勝ち取るものです。ただ、入社した全員が完璧にビジネスマナーを習得しているとは限りません。勉強不足の社員もいますし、勘違いしていることもあります。入社をすれば新入社員であろうと会社の看板を背負うことになるので、幼稚なミスは許されません。取引相手との顔合わせで失礼な態度を見せてしまうと、信頼関係を損ねる可能性もあります。これらを防ぐ為にも、ビジネスマナーの復習は欠かせません。

自社や業界に関する知識

新入社員はある程度会社や業界について知っているはずですが、深く知っている訳ではありません。企業秘密や会社の戦略などは入社後でないと分からないので、それらを新入社員に伝える必要があります。高度な話をいきなり伝えるのは難しいかもしれませんが、会社がどのような未来に向かっているのかを話すことで、新入社員が安心します。何を頑張り、どのようなスキルが必要なのかを伝えると人材の成長スピードも上がるはずです。

コミュニケーション能力アップ

現代の若者は、コミュニケーション能力に問題を抱えている場合が多いです。電話で話すことができなかったり、雑談ができないなど問題は様々です。文字によるやり取りが原因とも言われますが、当然それでは社会人として通用しませんし、取引先にも迷惑をかけます。場合によっては親よりも年上の人とビジネスをすることもあるので、どのような会話を展開するべきか研修しておくことは有益です。

商品を売り込むときは導入フレーズがポイントになります。そのため営業部で行われる社員教育では、顧客の興味をそそるフレーズから話し始めるコミュニケーションスタイルが重要視されています。