やることいっぱい!スマホ修理の前にするバックアップ

外部記憶領域を用意してデータをバックアップ

スマートフォンは落としてしまうとボタンが効かなかったり、起動不能に陥る場合があります。使用が難しい場合は修理が必要です。キャリアで契約している場合は気軽に修理依頼ができます。この時、スマートフォンを修理に出す前に行っておく作業があります。まず行うことはデータのバックアップです。修理依頼をするとスマートフォンに保存していたデータは削除されてしまいます。修理前に端末のデータを保存しましょう。まずはスマートフォン内のデータを別の記憶領域に保存しましょう。端末の操作でマイクロSDカードやクラウドを選択すればほとんどのデータをバックアップできます。端末の使用状況によっては、画像や電話帳のデータを個別に保存する必要があります。ローカルに保存されているデータがあるか確認しましょう。

修理後、スムーズに使えるように色々確認しよう

電子マネー機能を使っている人は別途手続きが必要な場合があります。修理後の電子マネー機能を移動する場合は機種変更時と同じ手続きになることが多いです。事前に電子マネーの残額について、預け入れに対応しているかを確認しましょう。ゲームアプリのデータは端末側でバックアップできません。ゲームによってアカウントデータの扱いは様々です。ゲームデータの復旧に対応しているかはアプリの運営会社に問い合わせましょう。修理後のスマートフォンは、端末購入時に登録したアカウントを再入力する必要があります。ログインアカウントとパスワードは修理依頼をする前にメモを取っておきましょう。修理期間中に使う代替機に入力する際にも役立ちます。

スマホ修理の藤沢の業者に愛用のスマホを持ち込む際はその場で即決せず、複数の業者を比較します。業者によって得意分野や技術力の違いがあることを踏まえ、信頼できる所を選ぶのが良い結果を得るコツです。